サイトメニュー

一人での解決は難しい

ウーマン

技術は進化している

大地震や大きな事故に遭遇した人や災害により突然家族を失うなど、そのことをきっかけに心に傷を受けてしまうということは、よく知られています。しかし、大規模でなくても個人や家族だけでさまざまな災害に巻き込まれ、同じように深い傷をおってしまう人も少なくありません。このような状態に陥った時に助けてくれるのは、友人や家族であり、あるいは職場や学校などのつながりです。気持ちを理解して受け入れてもらいたいという気持ちは、うつの絶望感に陥るのを防いでくれます。場合によっては専門的なカウンセリングが必要なこともありますが、多くは家族や友人が心の支えです。しかし、一人でその状況を乗り切らなければならないという人も世の中には多くいます。そこで、突発的にうつ病を発症することも多く、このような状況の人ほど病院での治療が必要です。一人で抱え込んでしまうというよりも、一人で考え込まざるを得ない状況にいる人というのは、最も危険です。自分一人で自分の身に降りかかったものを乗り越えていくことは容易ではありません。一方で、頼れる人がいても、単なる励ましや共感のないアドバイスは無意味で、うつには逆効果になってしまうことも多いです。そのため、専門家が本人の立場を理解し、共感する姿勢でのぞむカウンセリング治療が必要になります。うつ病という病気を経験した人は、自分が鉛人形になったかのようなどと表現する人も多いです。また、眠れない日々が続くなど苦しくて救いようのない病気のようにも感じられますが、適切な治療を施せば、症状を改善して完治することもできます。病気のイメージとして絶望感などが目立っていますが、あくまでも症状の一つです。そのため、医学的な治療が解決の切り札になります。もともとうつ病はバイオリズムの病気で、時間はかかりますが自然経過で治る可能性も高いです。しかし、専門家による治療とサポートがないと、最も辛い時期を乗り越えることができない可能性もあります。医学的治療は、本人の苦しみの期間を少しでも短くして、命にかかわる最悪な事態を乗り切る手段になります。加えて、家族や周囲の人とのつながりが希薄な人が、社会的なつながりを持つという点でも必要なことです。また、不明な点が多い病気ではありますが、年々、態勢は整備されてきています。技術は着実に進歩しており、副作用の少ない新薬が開発されたことがもっとも大きな事案です。もちろん、新薬ばかりでなく、いろいろな種類の抗うつ剤の強みと欠点が整理され治療パワーが高まり、選択肢が増えてきたこともプラスに働いています。

Copyright© 2018 うつ病治療に専念しよう【治療できる環境をしっかりと整える】 All Rights Reserved.