サイトメニュー

病院選びは医師が大事

男女

話を聞く医師が良い

うつ病を発症し病院で診てもらおうとする際、その病院選びはとても大切なことです。しかしどのような基準で病院を選べば良いのかわからず、不安を感じる人も少なくありません。良い病院を選ぶ基準はどのような方法なのかといいますと、医師がちゃんと患者の話を聞いてくれるかどうかにあります。患者によってはうつ病の影響から、精神が不安定となっています。ちゃんと話ができない人もいるわけで、精神的な受け皿を医師が持つことは重要なことになります。ちゃんと話すことができない患者でも、しっかり話を聞こうという体制になってくれる医師は良い病院といえます。医師の中にはちゃんと話を聞こうとしない人もいます。患者の話に耳を傾けようとせず、すぐに診断し治療を行おうとする医師は、意外とたくさんいます。治療法は薬物療法が主となっていますが、患者の症状によっては心理療法が必要の場合もありますし、光療法が効果的となる場合もあります。しかしそれは患者の状態をしっかり判断したうえでされることであり、それは患者の話をちゃんと聞くことで診断することが可能となります。しかしそれをしようとしない医師の場合は、その病院を通い続けるのをやめ、ほかの病院へ変えて診察を受けるほうが良いこともあります。もし患者本人が、その病院の良し悪しを判断することができない場合は、家族など周囲の人が判断することもあります。ちゃんと治すことができるようにするためには、周囲の協力も要されることがあります。もし周囲の人が病院の良し悪しを判断しようとする場合は、患者が行く前にまずその周囲の人が医師に相談する方法もあります。心療内科で問い合わせの電話をし、家族の中に鬱病を疑う症状を発している人がいることを伝え、相談してくれるのであればその暴飲へ向かい相談することができるところもあります。もちろんそれは病院によって相談を受けてくれるところと受けてくれないところとがあります。相談を受けてくれるのであれば、まずは医師と話してみてどのように話を聞いてくれるか、もしうつ病と診断されればどのような治療法を行っていくのかを聞くのが良いでしょう。そしてちゃんと家族の話を聞き、そして診察をつける際に患者の話もしっかり聞いてくれる医師であれば、信頼しながら治療を受けると良いでしょう。そのうえ、もし薬物療法を行う場合、うつ病の治療で処方される薬について説明してくれればさらに良い医師といえるかもしれません。どれくらい服用すれば効果が出てくるのか、副作用の可能性などちゃんと説明を受けることで、治療の経過も把握することができるので、そのような意思のいる病院を選ぶと良い治療を受けられます。

Copyright© 2018 うつ病治療に専念しよう【治療できる環境をしっかりと整える】 All Rights Reserved.